風俗嬢の切れ長な瞳に釘付け

楽だなって正直、思いました

もっとハードルの高いものだと思っていたんですよ。それは風俗の話ですけど、遊べば楽しいのは分かっていても、遊ぶまでの気持ちというか、それはどうしてもそれなりに大変なものだろうなって気持ちがあったんですよね。でも、実際に遊んでみるとそうでもないというか、むしろこんなに簡単に遊べる時代になったのかって思いましたね。デリヘルだったからと言うのもありますね。デリヘルは風俗の中でも主流になりつつあるのはポータルサイトの表示件数を見れば分かりますけど、これまで面倒だって思っていた人ほど、デリヘルを楽しんでもらいたいですね。どれだけ楽になったのかが分かると思うんですよ。自分でも驚かされたんですけど、デリヘルは電話するだけでいいだけじゃなく、今だったらみんなスマートフォンじゃないですか。スマートフォンからポータルサイトやホームページをチェックして、良いなって思う女の子を見つけたらそのまま電話して楽しめちゃうんですよ。

テクニックは攻めだけじゃない

かなりのテクニシャンだと言われたらこちらに対して上手なプレイをしてくれるんだろうなって思いますけど、そうじゃなかったんです。下手って意味じゃなくて、彼女がテクニシャン風俗嬢だとされているのは雰囲気作りだったんだなって。彼女、こちらへの性的奉仕は普通でしたけど気持ちを盛り上げるのが上手だったんですよ。感じ方も声を出すのではなくと意気が漏れているかのような感覚。それに表情。何かをされているでもなく、彼女を見ているだけで勝手に興奮できるようなあれらの雰囲気こそ彼女のテクニックなんじゃないのかなって。むしろそれが出来るということは相当なテクニシャンなんじゃないのかなとも思いました。あれはなかなか出来るものではないんじゃないのかなって。だって意識してできるものではないと思うんですよ。意識していない訳ではないと思いますけど、ある意味あれこそ彼女の風俗嬢としての天性と言うか、計算していない部分なので興奮したのかなって思いますね。