風俗嬢の切れ長な瞳に釘付け

風俗に於いては正義は快感

風俗での正義とは快感です。どんな外見でも声でもスタイルでもいいんです。どれだけこちらを満足させてくれるのか。ただそれだけだと思いますので、風俗嬢に求めているのは快感ということになります。他にもプラスアルファでいろいろな気持ちを味わえるものだと言うこともよく心得ていますけど、それらはいわばあくまでもプラスアルファであって、決してメインとなるべきものではないと思うんです。例えばイチャイチャ出来るとしても、じゃあイチャイチャするだけで満足なのかと言うと違うじゃないですか(笑)イチャイチャしつつも最終的に性的な満足をもたらしてくれるからこそ良いのであって、イチャイチャだけを楽しみたい訳ではないと思うんですよ。こうして考えていくと、風俗では快感を求めるのは決して間違いではないと思いますし、むしろ快感が高ければ他のことも楽しめるようになると思いますので、自分にとっては快感こそ正義なんじゃないかなと思いますよ。

安さを求めなくてもピンサロ

ピンサロの一般的なイメージとしてはやっぱり「安い風俗」なんじゃないですかね。まぁ現実的に他の風俗と比べて安いのもあるのでそのイメージは決して間違いでは何ということも分かるんですけど、自分がピンサロが好きなのは、別に安いからだけじゃないんです。まぁ安いというのもありますよ(笑)でも、他の風俗にはない魅力があるからこそ遊んでいるのもありますよね。個室じゃなくてシートだったりフロアだったりと、他の風俗では考えられないことが当たり前のように繰り広げられているんです。それでいてシャワーも浴びないんですよ。まさに着の身着のままと言うか、普段着で遊べる風俗なんじゃないのかなって思いますよね。でも女の子たちの実力は本物ですよ。むしろ体を使うことが出来ないほど狭い所もありますので、手と口で最後まで導かなければならないんです。だから他の風俗の女の子たちよりも上手な子が多いんじゃないのかなって思うことも多いんですよ。